またひとつ星を落とす

寝言のようなそんなもの

藤井流星くんが、また歳を重ねて…

1993年8月18日藤井流星くんの誕生日。

そんな今日は私の大好きな人の誕生日。

 

藤井流星くん

お誕生日おめでとうございます!!!!

 

f:id:eeennR:20170808205551j:image

 

23歳はドラマ『レンタル救世主』に出演し、ドラマの中でも中心的な役柄を演じてくれました。スポットライト症候群の葵伝二郎。毎回のようにルチャリブレを披露してくれたり、動画回してニコニコしてる葵くんを見て毎週のように元気をもらってました…

流星くんの演技の幅が広がって、かっこいい一面もお茶目な一面も見せることができた作品だと思ってます。

 

ウッ……

f:id:eeennR:20170808210227j:image

 

ウワッ……

f:id:eeennR:20170808210412j:image

 

かわっいっ……

f:id:eeennR:20170808210514j:image

 

アッチャーーーーーーーーー!!!!!!

f:id:eeennR:20170808210245j:image

 

な全10話でした。笑

f:id:eeennR:20170808210025j:image

 

そしてそして、クリスマスでのドームLIVE。

初ドームで駆け回るキラキラした流星くんとジャニーズWESTと時間を共有できたこと…本当に感動、感動でした。

 

f:id:eeennR:20170808211614j:image

 

そしてそしてそして、なうぇすとツアー。

日程的なこともあって福岡2公演のみ(泣)

ぎゃんぎゃん騒いで腰抜かして流星くんにも気付いてもらえて…福岡の夜に消えて、2日目を迎えてまた騒いで(笑)最高のLIVEでした!!!!!!!

 

f:id:eeennR:20170808212420j:image

 

今年はまだまだなにが起こるか分からないけど、それを楽しみに毎日生きてます。

 

なにが言いたいかというとですね(やっとまとめます)23歳の流星くんには沢山の幸せと最高の時間をもらいました!!!

 

24歳の流星くんにはグループのお仕事も個人のお仕事も沢山もらって、さらにBIGになってほしいです!!!!

 

大好きな流星くんが幸せに過ごせますように、、、、

 

大好きです♡♡♡♡♡♡♡

 

f:id:eeennR:20170808213438j:image

 

Happy BirthDay!!! Fujii Ryusei*  ੈ✩‧₊* 

 

 

流星くんと青春はじめる?(番外編)

 

番外編です(笑)

 

 

付き合い始めてしばらくした頃だった。

朝家を出て少しすると、ガードレールに腰掛けている流星くん。

「流星くんおはよう、なにやってんの?」

『お前待ってた』

「へ?」

とこれまた可愛くない声が出た。

「神ちゃん先輩はいいの?いっつも一緒じゃなかった?」

『神ちゃんはそうしたりって、しかも彼女の方が大事やろ』

 

思考停止、シャットダウン、お疲れ様でしたーーーーーッ

 

『照れてんの?』

「別に」

『ふーん』

「い、行こっ!学校」

そう言うとナチュラルに手を繋いでくる流星くん…アーメン…

 

朝下駄箱にて

(`-´ )お二人さんおはよ〜と優しく言う神ちゃん先輩の横に天敵の巨人。

 ('・ェ・`)流星取るなや!

「とってないわ!」

『一応先輩なんすけど…』

('・ェ・`)うるさい!俺の流星が(泣)

(`-´ )はーいうるさいよ〜のんちゃん

と言ってスクバを引っ張って連行して言ってくれた。

「のぞむに悪いことしたかな」

『全く』

 

運の悪いことに(?)のぞむとは同じクラスで…

('・ェ・`)流星返してや〜

「遊ぶんなら勝手に遊んだらいいでしょ、部活も一緒なのに」

('・ェ・`)やーーーーー

「うるっさい💢」

('・ェ・`)塩対応!!

「通常運転です」

『……』

ーーーーーーー

 

教室まで送ってきたけど、その途端これだった。俺モヤモヤする。

〇〇はもちろん膝の上に乗せてホールド中。のぞむが手を出してきたらぶっ飛ばすため。ホールドしてるのに特に照れてないのはこの言い合いのせいか。

「うるさいのぞむそっち系か!」

('・ェ・`)ちゃうわ!ボケ!

ボケ…?それを聞いた瞬間に俺はのぞむのほっぺたをつねった。

('・ェ・`)痛いっす

『ボケはあかんな』

('・ェ・`)すんません

 

のぞむ要注意や。

ーーーーーーー

 

あーのぞむとの言い合いで正気保ってたけど膝の上に座らせられて肩に顔乗せられて死ぬかと思った。

 

え、死ぬよね??

 

 

昼休み、いつものように屋上に行くといつも後から来る流星くんがもういた。

「今日早いね流星くん」

『ん』

「どしたの?」

するとグッって引っ張られて朝と同じ状態に。

「なっ!!?!?」

『朝は照れてへんやったやん』

「朝は朝や、今は違う〜」ってバタバタしてたら

『…他の男のとこ行かんとってな』

「え?」

そう言った後腰に回った腕の力が強くなった。

『のぞむのとこ行かんとってな』

「…いかないよ〜絶対。笑」

『………うん』

「ヤキモチですか?流星さん」

『………余裕ないのお前だけや思ったけど俺もみたいやわ。笑』

「ふふっかわいい」

『…かわいくない』

そう言って正面に向かされて…キスするんだ〜

 

 

キャーーーーーーーッ!!!!(黙れません)

 

 

「流星くんどれくらい私の事好き?」

って柄にもない事聞いたら

『んー』

ってぽやぽやした笑顔でハグしてきてギュッって力入れてきて

「痛い痛い、流星くん痛いよ」

って言ったら離してくれて

『これ以上好き』って満面の笑み。

「…あほ」

自分で聞いたのがあほやった。クソ照れる案件。

 

『お前があほや。笑』

「流星くんのあほー!」

って言い合いたい屋上。

 

最高の思い出になる屋上。夢みたいだね。

 

 

 

妄想が膨らみすぎました。すみません。

スライディング土下座。

 

 

 

 

 

 

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと

 

終始語彙力のない文章ですが、、、(笑)

忘れる前に、、、

 

 

ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017

なうぇすと

福岡公演1/28 1/29①部 行って参りました!!!!

 

28日、スタンドCブロってことでメンステ近い。死ぬ。24コンでドームとか入っちゃってるから尚更近く感じるよね!?

29日、スタンドAブロって事でバクステ目の前!!!

とりあえず始まるギリギリにトイレに並ぶという荒技だったのでバタバタでした(笑)

 

セトリを避けて避けてのスタートだったから緊張してご飯も喉を通りませんでした(事実)

 

 

OP映像から本当にHEKIがすごい。モニター見ながらギャンギャン言ってた(笑)

そして、ん?このイントロは?!え!!?!と思った瞬間には (`-´ )ヘヨッ!って言ってた。

パリマニからのスタートとは思ってなかった。(周囲からスタートから心して行けよと言われたのはこのことかと察した)

モニターが左右に開いてジャニーズWESTギャーーーーー!!!!!

そして赤髪流星くんに死。†┏┛墓┗┓†

本物や〜〜ってなる毎回(笑)

 

 

パリマニ

やっぱりダンスが好きだし、出だしからおっ!ってなりました…そして今回も「What?」いただきましたっっっ!!!どんどん自分のものにしたくよね…ひぃ。

 

 

Unlimited

パリマニからの振り幅/(^o^)\爽やかに始まりました!かっこよかった〜〜全体が一緒になる感じがして楽しかった!!

 

 

パリピポアンセム

きました!タオルぶんぶん振り回して騒いだ〜

リフターが照史くんでございましたので「ブンブーン」ってしてる照史くんイケてた〜〜!流星くん真反対でワロタ〜〜でもタオルぶんぶんしてて可愛かった(結局)

 

 

挨拶はみんな可愛かったのではい。(笑)略

2日目は流星くんとぺったんがおそろっちで舞い上がった事だけお知らせしときます。笑 

 

 

King of Chance

白シャツでかっこよく出てきてくっそ狡いわ〜〜って思ってたら神ちゃーーーーーん!トランペット…かっこいいよ…(元中学吹奏楽部だった為祈るように見てた)まさか生で聴けるとはね!?!!?からのキンチャン始まったらかっこいいわ〜ダンスがかっこよくて「やばい」しか言ってないし上着投げてから本当にもうあーあ(語彙力が散った)

 

 

You're My  Treasure

のぞむの切ない顔と英語から始まるこの曲。既に泣きかけ。ダンスが好き💃そして歌唱力で沸かせる感じが好き。流星くんの手がね、良い。

29日は引きから全体を見れてうわぁ…って心が潤った。

 

 

CHO-EXTACY

はいきましたーーーーーッ!!!まず水分補給したかった。腰があかん、腰がやばいの。1日目流星くんロックオンでした、はい。好き〜〜たまらん。

流星くんえっちいんだよ!!!!!

センステに向かう時にの神ちゃんが全員を引き連れて行く感じかっけぇ。腰がみんなえっちい。たまらん。(語彙力が散った)(2回目)

 

 

Mr.Summer WEST

さぁ来ました、被り物パーティ(違う)アイス被ってるよ〜〜可愛いよ〜〜

外周歩くの遅くてミニバイクまで辿り着くのが遅いツイン。29日は猛スピードでミニバイク飛ばしてた(笑)淳太くんの乗りこなせてない感はとてもとても面白い(笑)

 

 

粉もん、大阪弁ら〜にんぐ、ギラギラ

被り物パーティ、たこ焼き!

28日(`-´ )中身が気になるなら食べてみな!

29日(`-´ )何食べたいの?いいよ(悪目な感じ)

全力で踊り倒した(笑)りゅかみちゃん、1日目は一緒に揺れてるし、2日目は2人で同じゆる〜いステップ踏んでたりかわいかった( ◜௰◝ )♡♡

(ノノ_☆)おかんレシピが最高ー!担なので嬉しかったです。

え?私そこだけマルチアングルになってた。

大阪弁ら〜にんぐは全力でぐっぐぐっぐさせてもらいました(笑)流星くんかわいい〜〜

ギラギラはアリトロが流星くんでスタンドから眺めてたけどお顔が綺麗です。上着半分脱ぎかけなのアカーーン。アリトロで照史くんがTシャツめくって腹チラさせてたのバッチリ見た👌(笑)

 

MC

28日はOP映像中スタンバイしてる時に(ノノ_☆)最&高って言ってた流星くんに(^ヮ^=)が驚き(笑)かわいいしげりゅせ(笑)はまちゃんがマジック動画を18回取り直してグループLINEで送るっていう(笑)そしてにののマジックはすごいと語る濵田先生(笑)私得(笑)

29日は(ノノ_☆)ブラック飲めるようになったん最近やろ?ってバラされてると神ちゃん身長の四捨五入の話が面白かった(笑)

(`-´ )170.5あるから!

(ノノ_☆)俺180ちょいあるけど180って言うで?

(`-´ )それは180もあるからやろ〜

ってやり取りの可愛さよ…†┏┛墓┗┓†

あとりゅかみは来年にはアラサーの仲間入りになるな〜〜と向かい合いながら言っていると(θヮθ)ようこそこちらの世界へ〜ってくるくる回ってたはまちゃんがツボ(笑)

 

 

無鉄砲ボーイ、雪に願いを

ダンスかわいい〜〜って思いながら見てたらマネキン!!!あのマネキンはアカーン!!!

最後のマネキンへのチューもあーあ。(語彙力がちっ略)29日①部は重岡さんもチューしてた…

雪に願いを。泣くかと思った。

はまちゃんの伸びやかな声とのぞむの声とが合わさっていい曲やな…って浸ってた(笑)

一緒に入った小瀧担は感情移入し過ぎて一時停止してました()

 

 

 エエやんけェ!!〜ホルモン

 まずエエやんけェは2日目は流星くんの立ち位置前だったからにわかせんべいのアイマスクをチラつかせてキラッキラの目を見せるのは狡い!!!!アホ!!好き!!!†┏┛墓┗┓†

(青のジュリア扇子持ってたら(ノノ_☆)お?って顔されて半笑いされた(笑))

そして俺の智子は超可愛かった…†┏┛墓┗┓†

 

アカンLOVEは全力でピロピロしてました〜(笑)1日目流星くんに回ってきて

 

(ノノ_☆)俺のターーーン!!ドローーーー!!!

ブルーーアイズ!!ホワイトドラゴン!!召喚!!!!

 

召喚!!!聞けたのでワイ氏満足でした…笑

 

あと淳太くんの全力ボンボンキュ(以下略)を生で聴けたのはワロタww

2日目はちょっと記憶が上下のんちゃん、のんちゃんしか出てこないww神ちゃんのは面白かったけど聞き取れなかったww

 

 

ホルモン

しっかり腕組みからスタートさせたもらいました。オタ芸にも拍車がかかってとても良き(笑)そしてりゅかみが消え去ったのを察知する能力が早過ぎて息切れした。

 

 

I got the FLOW

まず、りゅかみユニットって聞いた時から†┏┛墓┗┓†だった訳で、実際に見たら†┏┛墓┗┓†じゃない訳ない。

けーぽっぷだLDHなんだかんだ言ってた自分で自分をぶん殴りたい。

2人の世界ですね、出来上がってました。死ぬ。死んだ。呼吸する暇がない。

「OH VERY GOOOOOOOD...」でサングラスをちょいズラすのもほんっっっとに狡い!!!!!!かっこいい!!!あのね本当にかっこいいんです(語彙力がちっ略)

えっと、好きです。

 

りゅかみ大好き芸人は腰を抜かしました(事実)

 

 

Believer~one chance

ここできたか、、、となったBeliever。かっこいい。期待しかしてなかったからもう最高でしかない。そしてワンチャン。スモークでちょっと見えないところが多かったけどそこの隙間を覗きながら流星くんロックオン。やれフィーバー担。超イイ担。

 

 

ええじゃないか~ジパング

ここからまさかのシングル詰込みでてんやわんや(笑)みんなたくさん回ってくるしC&Rも楽しいしぐわぁぁぁっといったメドレー\(^o^)/楽しかった\(^o^)/

 

 

KIZUNA

心では号泣。なんか心に沁みた。終わりや〜〜って思いながらも帰ってから頑張ろ〜〜って思える時間だった。

 

 

アンコール

スタトロ1日目は(´◇`)(`-´ )('・ェ・`)(^ヮ^=)

この日はあんまし記憶がない。w

2日目は(б∀б)(θヮθ)(ノノ_☆)(^ヮ^=)でした。

流星くん回ってきた時はあと半身こっち見てくれれば…ってとこだったけど顔面と横顔と背中が忘れられません……

人間国宝………

 

 

大好きだなぁって思った。

 

 

流星くんに「流星超イイ」の団扇見て

(ノノ_☆)👍うんうんって頷いてくれた

のは忘れません。ありがとう流星くん。

 

 

とにかく大騒ぎで最&高な時間を過ごして、また頑張ろうって思わせてくれて、また会いたいなって思わせてくれました。

もう会いたい、既に会いたい。

 

 

また次も楽しませてください。

好きだーーーーーーーーッ!!!!!

ありがとうございました( T_T)\(^-^ )♡♡♡♡

 

 

流星くんと青春はじめる?②

 

以前書いたものの続きです。(笑)

 

 

あの日からちょいちょい連絡くれたり、

放課後の部活前に遭遇したりとすごく楽しく過ごしていた。片想いが過ぎる。

 

お弁当もあの日から(知らない方は①をご覧ください)時々一緒に屋上で食べるようになって、本当に嬉しかった。パンくずは口の周りにつけるしこぼすし面白い流星先輩。

前までは長く感じてた昼休みも短く感じるようになった。

 

好きだけど想いを伝えられないこのもどかしさ…恋って難しいよね? 

 

 朝下駄箱で『おはよ〜』って後ろから声がした。スクバをリュックにしてだるそうにしてる流星先輩。「おっ、おはようございます!」

『今日も昼休みも屋上おるわ〜』この一言でテンションマックス。

"自分わかりやすいな(笑)"「神ちゃん先輩!」"俺は応援してんで♡"と言って肩をポンとして流星先輩のとこへテコテコ走っていった。

 

恋を初めて半年。私は何も行動に移せないまま…流星先輩はモテるししんどい。

心もしんどい、恋って難しいですね。

 

今日も屋上〜と思ってルンルンで行くと

'好きです、付き合って下さい'って声が。誰かな〜って覗きたくなる、でもみなければよかった…

「えっ…流星先輩」

だって告白されてるのは流星先輩だったから…

ショックすぎて泣きたくて慌てて逃げた、音立てて。

人目も気にせず泣きながら走ってたら"〇〇ちゃん?どないしたん!?"「神ちゃん先輩〜泣」

って全部話した。"流星の答えまで聞いてへんのやろ?せやったら大丈夫やって、元気出しぃ"

と今日は神ちゃん先輩とご飯を食べた。

 

 

夜流星先輩からLINEがきて

『今日なんでお昼こんやったん?』

あんたのせいやって言いたかったけど、

「ちょっと用事があって、連絡せずにすみません」

と誤魔化した。

『明日こそ食べような😊』ってきたからちょっと複雑だったけど

「はい😊」って答えた。

流星先輩はあの告白になんて答えたのかを悶々と考えてた…

 

次の日また朝下駄箱で2人に会った。

『おはようさーん』って頭ポーンってしてきた。「おはよござます」『また昼な〜』って歩いていった。「はぁ、なんの気も知らんと」"〇〇ちゃん、大丈夫やで昨日は!うん、気にすることはなさそうや、自信持ってや!"って言ってくれた。「そうですよね!自信持ちます!」と言って2人でオー!としてたら『早よいくで神ちゃ〜ん』って声がした(笑)

 

負けてらんないよね、そんな知らない人になんて( ◜◡◝ )

 

それから1ヶ月が経った頃、、、

担任の桐山先生に(´◇`)〇〇〜放課後職員室な〜!こう言われた時は大概雑用。一応学級委員とやらをやってるから絶対にそうだ、あのぽっちゃりめ…。

 

教室まで大量のプリントを運んで(´◇`)今から出張でな、これ明日授業で使うプリントやねん!2クラス分あるけどよろしく!終わったらここ置いててええから!って眉毛をハの字にしてくるのは先生の特徴だ。だから許してしまう。「はいはいわかりました〜!明日ジュースですね先生っ」(´◇`)しゃあなしやで〜ほな!って走って行った。

 

ひとり教室でプリントを綴じながら、流星先輩のことを思い返す。思い返せばちょっとは自惚れてもいいのかなとかそんな風に思ってた。

 

『あ、おった』

「流星先輩、なんで?」

『帰ろかなって思ったら〇〇の靴あったから来てみた』

なんだ、待ってたとかじゃないんだとか落ち込んでみたい(性癖)

「一応学級委員なんで担任に頼まれた仕事やってるんです(笑)」

『ここの担任…親方か』

「いっつも眉毛ハの字にして頼んでくるんですよ〜」

『親方のクセやな(笑)』

 

「流星先輩帰らなくていいんですか?」

本当は帰って欲しくないけど…

『〇〇終わるまで待つで』

「でも迷惑じゃ…」『俺が待ちたいんやからええの!早進めよう』

ぽやぽやしてニコニコしながらこっちを見てくる。

 

心臓に悪い、悪すぎる。

 

「『終わった〜〜』」

結局手伝ってもらってしまった。プリントを整え帰る支度をした。靴を履いてと

「じゃあ流星先輩帰りますね」

『何言うてんの?送るで』

「いやいやぃゃ…方向違うじゃないですか」

『こんな暗い中1人で帰らせるわけ無いやろ?俺が送りたいんやから黙って送られとけ!』

そう言い放った流星先輩の耳は心なしか赤かった気がする。

「じゃあお言葉に甘えて…」

 

そこから校門を出て改めてお礼を言った

「ありがとうございました、手伝ってもらっちゃって。しかも帰りまで…」

『こんぐらいええねん、気にせんとって』

「でもなんかお礼ぐらいさせてください!」

うーんってちょっと考えて

『じゃあ、』と言って手を出してきた。

「ん?」

『手繋ごうや』

「えっ!」

『お礼してくれるんやろ?』

まさかこんな事になるとは…

「じゃあ、はい…///」そう言って出してきた手の上に自分の手を置いた。

 

大好きな流星先輩と?手を繋ぐ?しんだ。

神様女神様神山様どうかこのドキドキ伝わりませんように…

 

他愛もない会話で盛り上がって少し沈黙ができた。当たって砕けろって聞くけど、この楽しい関係が終わるかもしれないけどもう言ってしまおうかな…

「流星先輩あの!私っ『待って、俺に言わせてや』」

「えっ!?」

『俺、〇〇の事が好きや。怠いって思ってた学校も毎日楽しいし、せやから、俺と付き合って下さい』

「私も流星先輩が好きです。私でよかったらよろしくお願いします」

『よかったぁ〜』と言ってふにゃっとした笑顔で見てくる。

 

その可愛さに何度心臓を締め付けられたかわからないけど、今から独り占めできると思ったらこっちまでにやけてきた。

 

『何にやけてん』「いやっなんでもないです」って顔を覆ってたら

『敬語禁止、あと流星って呼んで』

「えっそれは」

『彼氏のお願い聞いてくれへんの?』って子犬みたいな顔して言われるから

「わかった…よ…」

『流星は?』

「…流星くん…でまず勘弁して!恥ずかしい!」

『まぁええわ』と言われてホッとしてたら、グッって引っ張られて流星くんの胸の中。

『ちっちゃ』

「うるさい」

頭ぽんぽんってしながら

『俺幸せやわ〜〜♡』って言うから

「私も好き、流星のこと」

『不意打ち禁止』

って抱き締める力が強くなった。

「痛い」

『ごめっごめん、嬉しなって』

 

離れると2人して笑った。

『帰ろっか』

「うん」

『明日も帰れる?』

「うん」

『明後日も?』

「うん💢毎日でも帰れるよ!何回言うの!」

『えへへへ♡』

 

やっぱりアホなのかな?かわいいけど。

 

「流星くん、ありがとう」

『ん♡』

満足そうに手を繋いで歩き出した。

 

 

アホで天然だけど、可愛くてかっこいい流星くんに恋をして、付き合えるなんでなんて幸せなんでしょうか?ねぇ?

 

 

青春っていいですね…?

 

 

 

 

 

 

 

流星くんと青春はじめる?①

 

さぁ妄想のお時間です。笑

少し前にTwitterにあげてたやつをまとめたいと。笑

 

 

気分が悪い。身体がだるい。重い。

ほら女の子の日ってやつ。

でも今回は酷すぎる。よし、保健室行こう。

 

「先生〜気分悪いんで休ませてください〜〜」

保健室に入ったら返事しくれる先生の声が無い。ん?と思い

「先生ーーッ!」ってちょっと大きめの声出したら

『うるっさいなぁ…出張でおらんで』っていう低い声がカーテンの向こうから。

 

うるっさいなぁってダルそうに言われたい(性癖)

 

やばい先客おった…と思い慌てて「ごめんなさい!うるさかったですよねっ」って振り返って声のする方に行くと、

超顔の整ったイケメン、不機嫌な顔してるけどイケメン。あまりにも整ってるからジーッと見てたら

 

『何?なんか俺の顔になんかついてるん?』

ってまあまあ至近距離で言ってくるこのイケメン。

「いや、あの何も付いてないですし近いです…」

『ああごめん、距離感がアホってよう言われんねん』って不機嫌な顔から急にヘラァってして笑ってるイケメン。

 

 

『気分悪いんやろ?俺サボっとるだけやからベッド使うてええで』

何年生だろって思ってたけど床に転がってるスリッパの色を見て先輩だと確信。

「いや、先輩寝てたし良いですよこっちのイスで」

『俺はええから!はよ!』

気分悪いからもう遠慮せずに寝させてもらうことにした。

「ありがとうございます、すみません」

『はい、寝なさい』

「はい」

 

暫くして起きるともう放課後。先輩はベッドにうつ伏せて寝ていた。えっ寝顔かわいい…じゃなくて、

「先輩、起きて下さい!もう放課後ですよ」

『んあ?よう寝たな〜帰るか〜』

どんだけマイペースなんだこの人は…そう思いながらベッドから降りると貧血でフラっとしたのをすかさず支えてくれた。

『大丈夫か?貧血?しんどいな〜』って心配してくれた。(号泣)

女の子の日って若干察してくれてる所が本当に…すき…(軽率)

「大丈夫です、ありがとうございます」

 

支えてもらいながら保健室を出ると

"流星ー!もう体調大丈夫なんかー?"ってちょっと離れた所から声が。ちっちゃくて派手な髪色の人。

『神ちゃん!もう大丈夫やで〜ありがとう!』

はい!!?!?!!?!??

「え、先輩サボってたんじゃ…」

『女の子は大切にせなあかんからな』って笑ってる先輩。

「先輩、ありがとうございます」って頭を下げてると

藤井流星。俺の名前、覚えてなっ』と言って頭をポンポンとして神ちゃんと言われる人の方へ歩いて行った。

「私◯◯って言います。ありがとうございました、流星先輩!」と言うと一旦こっちを振り向き手を振ってまた歩き出した。

 

 

「流星先輩か……」その日から私の恋は始まった。

 

 

窓際の席で体育してるの見たり、ちょっと見かけるのでさえ嬉しくなってた。

お昼を買う為に購買に行くと"あ、◯◯ちゃんや!"って言う声がして

『あ"〜〜!神ちゃん自販機のボタン間違えたやんけ〜〜』

"あはははw流星アホやな〜"

って言う会話が聞こえたのでそっちを振り向くと流星先輩と神ちゃん先輩。

 

「流星先輩間違えたんですか?w」その手にはコーヒー牛乳。『俺はこの炭酸が飲みたかってん。神ちゃんがデカイ声出すからやで!ってあれ?』いつの間にか神ちゃん先輩は消えていた。

 

『◯◯!あげるわこれ』「え?良いんですか♡」『その代わり一緒にメシ食べようや』「は?い?」

『神ちゃん消えたもん、食べようや』

パニックwwww

「えっえっ?」

『はい、行こ〜〜』って手を引いて行くマイペースな流星先輩に振り回されて心臓が〜〜ヽ(;▽;)ノ

 

屋上で他愛もない会話 をしながらパンを食べてもらったコーヒー牛乳を飲んでた。話しててわかったけど天然だけどすごい友達想いな人って事はわかった。あと今日は部活行きたくないってことww

 

『でも俺今日部活頑張れるわ〜〜!』ってぽやぽやした顔して言ってくる。

「なんでですか?」『秘密や』「ちぇっ…」

『また暇な時メシ食べようや』「私なんかでいいんですか?」『ええに決まっとるやろ』「じゃあ是非」

内心ウキウキが止まらない。え?止まらないよね???!

 

『連絡先教えてや。そしたら、またすぐ誘うし』ナチュラルに連絡先聞いてくるし何この人。

『じゃ!集合場所はここな!頼むで〜〜』ってお昼の終わるチャイムと同時に立ち去って行くんだよ……一緒に戻るんだけどね?背後をついて行きたい……

 

屋上は2人の待ち合わせ場所…青春だ…

 

流星先輩に想いは届くのか…

 

 

 

長くなるから一旦ここまで。笑

 

自己満ですごめんなさい(⚭-⚭  ) 

 

お酒とWEST

 

さぁ、うえすとちゃん達と飲み会したいね!?

いろんな場面でお酒をかわして見ましょう😇

 

しげ(^ヮ^=)

大学のサークルの飲み会。何かあるたびに打ち上げと言って飲み会をする。大学だからとりあえずビールって所から始まるよね。

『おい〇〇!こっちきてやぁ』って離れた所から呼ばれる。でっかい声で。多分だいぶ飲んでる。「なに?しげ」『いや、なんもあられんで呼んだだけ』「なにそれ!」あひゃひゃって笑うしげイラっとするもかわいいなと思う私。

すると先輩からおっグラスあいとるやんかって注がれる私達。『先輩すんません!あざっす!』とか言ってる。私も飲もうとしたら『お前酒弱いんやろ?無理すんな、俺が飲んだる』ってさらっとかっこいい事言うしお酒弱いの知っててくれたことに感動した。

帰り道、方向が同じしげ。いつもより飲み過ぎたしげは『〇〇酔った〜』とうるさい。フラフラしてるから腕を掴んであげたらスッと手を繋いできてニコニコしてるしげ。酔ってるのかな?って思っちゃうよね。でもね

 

『…酔ってるからとかちゃうで。』って言ってくるから狡い。

 

 

 

照史くん(´◇`)

照史くんの同窓会に付いて来てと言われたので来ました。同窓会でお酒飲んで泣いてる照史くんとか最高じゃない?

『おお!みんな久々やなぁ!!!』って色んな友達と挨拶を交わしてる照史くん。それにぴょこぴょこ付いて行く私。仲良しグループやったみんなと合流してカンパーイ!!!やっぱり照史くんはビールに限る。そして『紹介するわ、俺の彼女の〇〇!』って言ったら照史に彼女とか〜〜ってガヤが(笑)『俺にも彼女ぐらいできるわ!仲良くしたってな〜』

その仲良しグループのみんなと話してるのを少し離れた所から見てるとビール片手に懐かしい話をしてるのかなんなのかわかんないけど急に泣き出してる…照史くんかわいいよね?〇〇ちゃん!照史どうにかしてwwって頼まれて迎えに行くと『〇〇(泣)』って抱きつかれて「はいはいわかった、あっち行こうね〜」ってなだめる(笑)

2人になって「懐かしくなって泣いたん?笑」って聞いたら『俺彼奴らから絶対お前が結婚するの最後やと思ってたわ〜もう目前やんけ〜幸せやな照史って言われてな泣いてん。彼奴らに紹介したかったから連れて来たし、せやけどホンマに〇〇のこと幸せにできてるんかなって思ったら泣けてきてな…』

「照史くん私は幸せだよ?照史くんの友達からそんな事言われてさ嬉しいやん!誰よりも幸せな自信あるよ?」って言ったら

『ホンマに?』ってハの字眉で目がウルウルで保護だよね。「ほんとに!」って自信満々に答えたい。そしたらぎゅーってしてくれるから…

 

 

『俺と結婚してくれへん?』って言われるのはもう目前だよ……

 

 

淳太くん(б∀б)

会社帰りに誘われたい。用事があるからって言われて先輩の仕事をやってる金曜日、明日休みやからって思ったけど量が多くてやっと20時前に終わった。すると

『〇〇まだおったんか』と入口の方から声が。仕事をテキパキこなすみんなの憧れの中間さん。

「中間さんもまだいたんですか?」『今日はちょっとな…〇〇この後予定は?』「予定あったら先輩の仕事とか引き受けませんて」『じゃあ飲み行くか、奢ったる』「やったーー!!さすがお金持ち!!」こんな事を言う後輩は多分私ぐらいだろう。もちろん私も憧れている1人だ。

 

淳太くんはちょっと高めの飲み屋さんに入ると思う。『何飲む?』って聞いてくるから「中間さんに任せます」って言ってとりあえずビールからスタート。「みんなの憧れの中間さんと2人で飲んだとか言ったらみんなに殺されますよ〜」『なんやそれ(笑)』って言いながら淳太くんに合わせて飲んでたらお酒の弱い私はすぐ酔った。だから口もよく喋る。

「だってみんな言ってますよ〜?飲み行こうって言っても断られるって、ん?なんで誘ったんですか?」『知りたい?』って意味深な笑み浮かべてくるよ…そこで一気に酔い冷めそうだ…

「…なんで、なんですか?」『はぁ…お前誘うまでにどんだけ時間かかったと思ってんねん』って呆れたように言われるから。そこでまぁ察しますよね、好かれてると。

『終電ある?』「…ないです」

『じゃあ今日は帰さへんから(笑)』って言われまーす!!

この後はご想像にお任せします。\(^o^)/

 

神ちゃん(`-´ )

バイト終わり。『〇〇今日上がる時間同じやん、よかったらさメシ行こうや!』って誘ってくれる。「神ちゃんの奢りな」『なんでやねんw』「嘘嘘、いいよ行こう」って2人で上がってご飯を食べに行きます。バイト着から私服に変わる神ちゃんかわいいよね?

とりあえず居酒屋さん。2人ともお酒弱いからそんなに飲まないけど焼き鳥食べたいって事で居酒屋さん。初めはビールで『「おつかれ!」』ってしたい。そのあとは甘いお酒、カルーアミルクとかカシオレとかね(笑)そしてお冷。(笑)

『〇〇ってさ彼氏おらへんの?』「急やな、おらんよ。おったらこんな事できんやろ」『そっか〜』ってちょっと遠くを見つめてた。これは何かあるね、いつか何か起こるね!?!!?

 

お会計は知らぬ間に神ちゃんが済ませてくれてて(イケメン)、「ごめんお金…」って言ったら『またメシ行こうや!次は〇〇の奢りなw』ってかわいい顔して言ってくるよ。

 

 

流星くん(ノノ_☆)

同期の飲み会でわちゃわちゃしてる中、2人でこっそり抜け出したい。

小声で『なぁ、2人で抜け出そうや』「はい!?」と言われた。そりゃ気になってる同期の流星くんに声掛けられたらテンパるよね?『行くで』って私の荷物を持って腕を引いてその飲み会を抜け出した。

「藤井くん荷物ありがとう」『流星、仕事の時以外は流星って呼んでや』「…じゃあ流星くん」『まぁええわ』って言って荷物を受け取り歩き出す。変なキャッチに声掛けられないようにずっと腕を掴んでくれてる。かっこよくない?え?

 そして静かなお洒落なBARに入る。ガヤガヤした後はきっと静かな所に入りそう流星くん。BARなんて入った事ないし何があるんかな〜って思ったらもう目の前にかわいい色をしたカクテルが。

「かわいい!めっちゃ綺麗な色」って感動してたら『ここお気に入りやねん、誰も連れてきた事ないで』「えっそんな所教えて貰っていいの?」『2人の秘密やな』 

 

秘密だってさ!!!!はーーーん!!!!!

 

『お前さ好きな人おるん?』って急に言われるから貴方です!とはさすがに言えず「いやまぁ…」って躊躇ってたら『俺はおるで』

 

チーーーーン。いや言う前からフラれた。

 

多分死んだ様な目をしてたでしょう。そしたら

『んはは(笑)俺の好きな人お前やで?』「え?」『じゃないと連れ出す訳ないやん、しかも秘密の場所まで教えてw』「藤井くん(泣)」『流星って呼んでって何回言えばええんかww』「流星くん、私も流星くんが好きです」ってちゃんと伝えたられました。

 

別の店の同期達から鬼の様なLINEが入ってるのに適当に答えて、BARを出た。『〇〇、付き合ってるのも秘密にしとこかw』「いいよ〜どこまで隠せるかなw」ってナチュラルに手を繋いで帰りたい。ひぃ。・°°・(>_<)・°°・。

 

 

はまちゃん(θヮθ)

家飲みかな。ほとんどお酒を飲まない崇裕さん。でも今日は飲みたいらしい。

シャンディガフを飲みながら仕事の事をたくさん話してきた。ちょっと責任のある仕事を任されて『濵田どうしよ〜』って叫んでいる。いつもなら一杯で終わるのに『もう一杯だけ!』「気持ち悪くなっても知らないよ?」『大丈夫やから』って二杯目に突入。するとより饒舌になり多分崇裕さん不安で押しつぶされそうなんだろうなと察した。

「崇裕さん〜苦しかったら泣いていいんだよ?」って言ったら『心配かけて情けないなぁ』って言うから、、、

そんな訳ないじゃん?頼ってよ……(泣)

 

のぞむ('・ェ・`)

成人式だね。二次会でまだお酒に慣れてないけどどんどん飲め飲めみたいなノリあるじゃん?

正直しんどくなってきて、やばーいって思ってたらスッと私の横の席陣取って、『しんどいんやろ?貸して』って言って私のお酒を持って『小瀧いきまーーーす!』ってその場をしのいでくれた。「望くんありがとう」って言ったら

『無理すんなや、俺に言えや〜甘えてええんやで?』って頭ぽんぽんってしてカラオケで歌い出した。

ちょっとした優しさに嬉しくてにやけたのは内緒の話。

 

 

うえすとちゃんとお酒飲みたいね(?)

お粗末様でした。

 

 

流星くんに一喜一憂したい

 

 年始に何やってんだってね…

今回は流星くんに振り回されたいと思います!

はりきって参りましょう!

 


待ち合わせ時間の10時。いつも時間ぴったりに来る流星くんが来ない。

昨日仕事から帰るのが遅かった流星くんのことだから多分いや絶対寝てる。遅くまで仕事やったから怒る気にもならんし…LINEも電話も見ない出ない。

「これはダメなやつ…」

これはもう家に行くしかない。

 

ピンポーン。…出ない。連打しても出ない。

 

「もしかして倒れてるとか?」

 

マイナスな事考えるとキリがないからとりあえず、合鍵で開けて中に入ると、多分お風呂終わってそのまま眠りについたであろう流星くんがソファで寝ていた。ブランケットに包まって。

 

ブランケットに包まってるのがポイント。

 

「流星く〜ん、起きて〜もう11時なるよ〜」

私に気付いたのか起きあがって『ん〜??』

慌てないあたりさすがよ。ピンポン連打して起きんのもどうかと思うけど。

 

「待ち合わせの時間なっても来ないから迎えきたけど…」『あっ、ごめん昨日そのまま寝てもうてごめん』って急に焦りだすから

「ふっ(笑)いいよ別に仕事遅かったんでしょ?お疲れさま。今日は家でのんびりしようか?」『うん♡』ってまた寝ようとするから〜

「お昼ごはん食べよう!?ね?それだけは食べよう!」

って言って2人でお昼ご飯(笑)そこからゲームしてたら、やっぱり眠くなる流星くん。ついでに私も眠い。

 

ピタっとゲームをやめて

『〇〇、寝よう』

って私を抱き枕にするのは本当に心臓もたないのでやめていただきたい。

「やめてくれません?急に(笑)」

『照れてんの?』

「殴るよ?」

『おぉこわぁ〜』とか言いながら仲良く寝ます。
起きれば17時過ぎ。起き上がりたいが抱き枕の私は抜け出せない。

 

動きたいけどあのほら動こうとすると腕の力強めるんだよ…わかる??ねぇ…

 

せっかくだから流星くんの好きなものを作ってあげたい!だから起きたい!

「流星くん晩ご飯の買い物行こ〜起きて!!」

『あとちょっと〜』

「だめ!さっさと起きて!!寝過ぎや💢」

『◯◯も寝とったやんか〜』

 

 

ああ言えばこう言うからそろそろキレそう。

 

 

「疲れてるんやろうなって思って流星の為に家きたしご飯作ったろうって言ってんにさ、もう知らんばーか嫌い!帰る!💢」つって流星くん引っぺがして帰る。

 

 

帰ってみたい。

 

 

バタバタ出てきたけど言いすぎたかな…と思ってちょっと公園のベンチで反省。

 

 

「あーあ可愛くなさすぎて死にて(笑)」って歩き出そうとしたら

『◯◯!!!!』後ろから声が。

「俺の為やったのにな…怒らせてごめんな…』

ってシュンってするし捨てられた子犬のような顔してるし、無理、保護、即保護、回収(笑)

 

 

「いいよ、私も言い過ぎたごめん」

やっぱり許しちゃうからげろあまだぜ…。

「晩ご飯の買い物行こう!ハンバーグ『ハンバーグ食べたい!』にしようと思うけど」満場一致のハンバーグ。決まり。

 


買い物の後『よし、帰ろっ!』

そう言って一歩前に出て手を出してくる。

「ん?」

『手!俺やって彼氏面させてや〜』

「ああ、はいはい」

と素っ気ない返事ではあるが内心ちょっと嬉しすぎて吐きそう(汚い)

 

 

「やっぱ、好き」って小声で行ったら

『ん?なんか言った〜?』って聞き返してくるから

「アホって言っただけ〜」『なんやねんそれww』

ってやりとりがしたい。

 

聞こえてなくていいね?好きなもんは好きやから(笑)

 

 

 

はぁぁぁ流星くん。・°°・(>_<)・°°・。

(お粗末様でした)